未分類

脱毛時の痛みにロキソニンは使える?

投稿日:2017年4月25日 更新日:

脱毛法に針、光、レーザー脱毛などがあります。針脱毛は針に高周波を流して毛根を破壊しますが、針を刺すのでかなり痛みが伴います。

脱毛による痛みにロキソニンを服用しても良いのか

レーザーは医師が行わなければなりませんが、光はエステでも行えます。光とレーザーによる脱毛は、毛根にある色素に光やレーザーをピンポイントで照射しますが、やはり痛みが出る事が多いです。

この痛みを抑えるために、頭痛・歯痛・生理痛などの鎮痛薬をして世界的に広く使われているロキソニンを使っても良いのでしょうか?

ロキソニンについて

ロキソニンは通称・万能の鎮痛薬と言われるほど、色々な方面で使われていて副作用も少ないです。万能と言われるほどですから、ほとんどの痛みに効きます。痛みの発生機序は、アラキドン酸の分泌→アラキドン酸とコックスの結合→プロスタグランディン(プロスタグランジン)の生成と言う流れで、最後のプロスタグランディンが痛みを生み出す原因となっています。

そして、ロキソニンはアラキドン酸とコックスの結合を阻害しますので、プロスタグランディンが生成されなくなり、結果として痛みを感じなくなるわけです。これが万能鎮痛薬と言われる理由です。

この事から、脱毛時の痛みにもロキソニンは鎮痛効果を期待できます。

ロキソニンを服用する際には説明書を読みましょう

ロキソニンには制限事項が有り、15歳以下や65歳以上の方、妊婦には安全性が確立されておりませんから、使用しないように注意をしなければなりません。また、副作用なども稀に起こりますから、説明書を十分お読みになってから使うようにして下さい。

肌トラブルを防ぐために行う防御策

ミュゼプラチナムの施術は、光を当ててその力で脱毛効果を得るというものですが、この施術で起こり得るトラブルとしてやけどが挙げられます。

脱毛をするほどの強い光線を当てますのでミュゼプラチナムに限定せず、どこの脱毛サロンでもリスクがゼロなわけではありません。しかしながら施術をする際には弱めの出力から開始して肌の様子もチェックしますので、基本的には安全に受けることができる施術とも言えます。

デリーケート肌に脱毛は要注意

ただ受ける側も注意しないとリスクを高めてしまうことがありますが、施術を受ける時の注意点として肌の調子が良くない時はきちんと相談をすることです。

例えば乾燥が強くなっている、生理中や妊娠中などのタイミングですと肌がデリケートになっています。こうした時に無理に施術を受けると普段よりも肌への刺激が強まってしまう恐れがあります。

当サイトでは、脱毛の際の痛みが気になる方でも安心して通えるサロンをいくつか紹介していますので参考にしてみてください。

敏感肌の方でも通える滋賀で人気の脱毛サロンはこちら

脱毛前に肌の状態をセルフチェックしよう

施術の時には肌の調子も確認されるものの、自己申告を怠ってしまうとやけどの恐れも出てきます。きちんと申告をすることで出力も下げて肌への負担を考慮した優しい脱毛をしてもらうことができます。
軽い日焼けをしている場合も注意すべきタイミングです。そもそも日焼けもやけどをしている状態ですので肌がデリケートなのは言うまでもありません。

もし黙って施術を受けると肌トラブルのリスクが高まりますから、これもまたしっかりと申告をして相談をすることが大切であり、技術者だけに任せずに二人三脚で脱毛に取り組んだ方が肌のためには安心と言えるでしょう。

ホルモン剤を服用した時脱毛は可能か

エステサロンやクリニックの脱毛では、必ず最初にカウンセリングが行われます。そこで様々な説明を受けます。現在服用している薬も確認されます。

どうして、飲んでいる薬を効かれるのかというと、薬の種類によっては、施術が受けられない物があるからです。

服用している薬によっては、肌が熱に過敏に反応してしまうことも…。

例えば、抗生物質や抗うつ剤や、抗真菌薬などです。これらの薬を服用している時は、肌が熱に過敏に反応してしまうからです。

軽い火傷の様な症状を招いてしまう恐れもあります。病院で処方される薬だけではありません。薬局などで買える風邪薬なども施術は行えません。うっかり飲んでしまった時は、肌トラブルを防ぐ為にも予約をキャンセルしましょう。あと女性で意外と多いのが、ホルモン剤を服用している人です。

不妊症やリウマチなど、服用する症状は多くあります。ホルモン剤は服用するだけでなく、塗り薬もあります。アトピー性皮膚炎などで使用しているという人もいます。ホルモン剤を使用した時脱毛して良いか不安になる人もいるでしょう。ホルモン剤を使用している時脱毛出来るかどうかは、お店によって異なりますので、確認が必要になります。

火傷や色素沈着を起こしてしまうリスクが高いため、エステでは施術はNG

エステサロンでは、施術が出来ない場合が多いです。クリニックでは、施術を受けられる場合が多いです。施術が受けるならば、リスクがある事を了承した場合のみになります。

リスクとは、施術時に肌が光に過剰に反応して火傷や色素沈着を起こしてしまう場合があります。また、肌荒れが酷くなってしまい、雑菌が入って炎症を起こす場合があります。なので、なるべく薬を服用していない時に施術した方が良いでしょう。

-未分類

Copyright© 滋賀の口コミで人気のサロンまとめ , 2020 AllRights Reserved.